2010年05月31日

ブランドコピー:日本靴連盟

ブランドコピー:日本靴連盟

勝三は、佐倉藩(千葉県佐倉)の名門に生まれ、若くして商工業の道へ進み、時の兵部大輔・大村益次郎の勧めと、藩主・堀田正倫友人の渋沢栄一らの支援をえて、生産靴業を始め、経営の困難を克服してこれを成功させたのです。
東京百年史によると、入船町周辺は武家地であったので、南八丁堀とか鉄砲州などと呼ばれていました。
これが明治維新後になると、武家地を取り払って新市街地を造成し、文明開化を象徴する街づくりをしたので、このあたりは靴、皮革のほか電信電報など”はじめて物語”に出てくるような新しい事業が幾つも起こりました。
「築地入船町3丁目2番」は、その後、調査、区画整理や地番変更によって、現在の中央区入船町1丁目3番となっており、築地電報電話局のビルが建っているところです。古い文献や古地図から、判明しました。日本靴連盟では、その”ゆかりの地”に「靴業発祥の地」と
いう記念の石碑を建て、新しい史蹟が誕生しました。この歴史明治維新の後の事です


Posted by ブランドコピー販売 at 04:58 │Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。