2010年05月31日

ブランドコピー:日本靴連盟

ブランドコピー:日本靴連盟

勝三は、佐倉藩(千葉県佐倉)の名門に生まれ、若くして商工業の道へ進み、時の兵部大輔・大村益次郎の勧めと、藩主・堀田正倫友人の渋沢栄一らの支援をえて、生産靴業を始め、経営の困難を克服してこれを成功させたのです。
東京百年史によると、入船町周辺は武家地であったので、南八丁堀とか鉄砲州などと呼ばれていました。
これが明治維新後になると、武家地を取り払って新市街地を造成し、文明開化を象徴する街づくりをしたので、このあたりは靴、皮革のほか電信電報など”はじめて物語”に出てくるような新しい事業が幾つも起こりました。
「築地入船町3丁目2番」は、その後、調査、区画整理や地番変更によって、現在の中央区入船町1丁目3番となっており、築地電報電話局のビルが建っているところです。古い文献や古地図から、判明しました。日本靴連盟では、その”ゆかりの地”に「靴業発祥の地」と
いう記念の石碑を建て、新しい史蹟が誕生しました。この歴史明治維新の後の事です  


Posted by ブランドコピー販売 at 04:58Comments(0)

2010年05月31日

ブランドコピー:携帯電話時代における腕時計の存在意味?

ブランドコピー:携帯電話時代における腕時計の存在意味?
大多数の女性側は時計を完全に装飾性の強いブランド商品と同様にアクセサリーと捉えている
エルメス、シャネルのバッグと同じです。
彼女達は時計の機械的な部分、機能性などどうでも良く、問題はその時計が一般認知ブランド(ファッション雑誌で取上げられている等)なのかそうでないのかが重要なのだそうだ。そうでないものにお金をかけるのは”お馬鹿さん”と思うらしい。
当然偽ブランド商品も選択の一つになっています。
中には正規品同様なブランドコピーもありますので、その意思をさらに強くしてります。
大多数男性は小さい頃から機械的なものや機能的なものに憧れる。筆者も例外ではない。
時計に限らず機械の事に関して話し出すと止まらない男性はとても多い.デザイン・ブランド価値・・・。
ブランドコピー こういう男性は未だに多い。稚拙な考察かもしれません。
これらの事象を悪く言うと子供っぽい、虚栄心が高いといえるだろう。
一度どれくらいの割合でビジネスマンが腕時計をさしていないのかを観察した事がある。
意外な事に、時間にシビアにならざるを得ないビジネスマンですら腕時計をはめていない人がちらほらいるのである。
彼らは携帯時代に時計があるからささないと言う。
先に述べた腕時計をしない事による快適性から見ても大いにこれらの事は納得できる。
腕時計をしないと言う感覚は、時計をアクセサリーと捕らえない男性特有の現象である。
これらの男性の存在は時計業界にとっては実に悩ましい事象だ。
機能性を求める多くの大多数男性消費者には、何らかの快適時計や、
従来上記の、携帯電話時代にもついていないような付加価値或いは携帯電話時代に出来ない機能が必要になってきている。
機能重視派の腕時計離れは確かにに加速している。残念.このような事は阻止することができません。  


Posted by ブランドコピー販売 at 04:57Comments(0)

2010年05月28日

ブランドコピー:優良品質なベーシック物はまったく動かない

今月、あるヤングメンズコーナーの個展を訪れた。提案力のあるメーカーではあるが、景気の影響で受注は厳しいのかと思いきや、「新規バイヤーが増えて、きっちり数量も付けていくんです」とディレクターは笑う。
 新しい買い手、今まで白黒、シンプルで上質なデザイナー偽物品ブランドで勝負していた偽ブランド販売が多い。不況で高価格が売れないだけでなく、ファストファッションの価格と発信力の強さに、客離れを止めるすべがない。
 優良品質なベーシック物はまったく動かない
。ブランドコピー S級例えばきれいめのスキニーパンツ。低価格でしかも色も多彩なものが出揃い、今や需要はないに等しいという。
 そこでバイヤーのお目当ては、太めのパンツ。これを同ブランドコピー販売に求めてきているという。「不況がこのままじゃつぶれる、と突き付けたのでしょう」  


Posted by ブランドコピー販売 at 02:34Comments(0)

2010年05月28日

ブランドのビジネスの特定の資金の言い方に関してあります

偽ブランドは毎年大量に生み出され、大量に消滅してゆく。ブランドが多すぎて消滅してしまったかどうかも分からないものもある。
ブランドのビジネス特定資金の言い方に関してあります。スーパーコピーブランド商品はニッチ市場であっても継続的に活動しなければ死んでしまう。ブランドはキザに言うと「イキモノ」で、 言葉は悪いが「止まると終わり」と言う点で自転車操業に近い性質がある。偽ブランドを立ち上げたものの資金難でブランドを売却というのは良く聞く。
イギリスの団体投資家が増えつつある現状においては、会社の分からない経営戦略の策定・遂行・評価、業績あれこれ言います、未だ不明、不透明なルールで動く株式より、身近な漫画又はブランドに投資するファンドが今後有力になる可能性がある。
以上のようにブランドにも格付け機関が現れ、不祥事によるブランド評価の低下が現実の数値のもとで評定されれば、消費者にとっても、ブランドを発信する企 業側にとっても有益である。ブランドに関してはブランドビジネスとして大きな市場が動いているにもかかわらず、その評価は”好きな偽商品ブランド”などと いった信用性に欠く”なんとなく”という部分が多かった。会社は、決算という数値の物差しで目的を明確化している。ブランドコピーも”なんとなく”で評 価を下していると今後更なる発展は望めない。
ブランドの証券化はブランド評価の数値化の”才能”としても有益であると考える。  


Posted by ブランドコピー販売 at 02:33Comments(0)

2010年05月26日

ブランドコピー:筆者はサイズセレクトの失敗は未だにある

肩幅ピッタリ丈ピッタリの服にはなかなか出会えない。このあたりの問題は、既製服にとって永遠の問題・課題なのかもしれない。
筆者はサイズセレクトの失敗は未だにある。だから迷った時は必ず店員に聞く。面白い事にカジュアル量販店で店員の勧めのサイズで買った半袖シャツを、サイ ズが合っているかどうかを改めて百貨店のスーパーコピーショップの店員に聞くと小さいのでは…と言う。百貨店の店員の話によると、結局着こなしによって違うのでどちら が正解と言うわけではないらしい。コピー商品ブランドが軒並みS.M.Lを1.2.3という表記に置き換えている理由・意味が何となく理解できた。必ずしも体の大小 のみでサイズが決まるわけではないという事で。
そういう意味で、サイズに迷いながらショッピングと言うのはリアルショッピングの楽しさのひとつかもしれない。
各コピー商品ブランドが参入を進めているネット通販においては、そのサイズセレクトが消費者にとっては一番の懸念事項になっている。やはり試着できないネット通販は現状、冒険でしかない。靴などは怖くて仕方が無いだろう。
ネット通販に参入するのなら、消費者心理というものをもう少し研究してもらいたい。
消費者は結局プロの最後の一押しがほしい。  


Posted by ブランドコピー販売 at 19:09Comments(0)

2010年05月26日

ブランドコピー:ベタベタと札を貼るセンスの無さと

ファッションビルのバーゲンの引きずりと低集客の関係を例えるなら、雛人形の仕舞い遅れによる未婚状態と未婚状態を世間の晩婚化に訴える娘だ。
1月末の土曜日午後、スーパーコピービルの集客調査へ出かけた。怖いほどの無人ぶりだ。余りの無人ぶりに途中で調査を放棄した。各コピー商品ブランドショップは”ファイナル セール、再値下げ”の札をベタベタと貼り付けている。見栄えの悪さは当然で、どれだけ引きずればいいのかとあきれ返った。余りの収穫の無さに、隣接する大 手百貨店を覗いてみると、かなり盛況していた。もちろんバーゲンは既に終えている。バーゲンを引きずるファッションビルを横目に、8年連続売上高マイナス 成長を報道されつつも、潔さで集客を稼ぐ百貨店に明るいものを見た。
ブランドスーパーコピービルの無人振りを消費者心理的に説明すれば”どうせ売れ残りばかり…”が本音であろう。無人ぶりはそれを暗に示された結果で、 ブランドコピー 常に新鮮さを求める消費者層を顧客に持つブランドスーパーコピービルにおいて、新鮮さに欠く”引きずり”は最悪ともいえる。
ベタベタと札を貼るセンスの無さと、それをブランドスーパーコピービル全体でやってしまえる又はそれを許しているブランドスーパーコピービル自体に改善の見込みを見出せない質の悪さを覚えた。  


Posted by ブランドコピー販売 at 19:08Comments(0)

2010年05月25日

ブランドコピー:回答を拒否する企業で一番多いのが外資系で

アパレル業績アンケートに取り組んでいるは毎年慣例になっている。個別企業の状況だけでなく業界全体の動向を知る上で貴重なデータだ。昨年秋以降の急速な景気悪化で、今回は回収が難しくなると予測していたが、今のところ順調である。
 回答を拒否する企業で一番多いのが外資系で、多くは「本国の方針」を理由に挙げる。中には「外資系なので」と、半ば当然のように拒否する企業もあり、疑問に感じてしまう。
 外資系であれ、日本で企業活動を行っている以上、社会的な責任を負うのは同じ。業績の開示拒否は法律違反ではないが、百貨店に大きなインショップを作ったり、目抜き通りに大型直営店を開設するなど、国内の企業とビジネスを行っている。信用を得る努力を行うのは当然だろう。
 こうした高飛車な姿勢が、いつまでも続けられるとは思えない。スーパーコピーブランドがブームの時代ならともかく、今はまったく振るわない。契約途中でも本国の方針で突然売り場を閉めるブランドもある。最近は、本国で倒産したり、業績悪化でリストラするブランド企業も目立ち始めた。
 今後は、取引や契約の際に、日本での業績開示や中長期のビジョンが明確なブランドを優先する。そうした機運を業界の中から盛り上げていく必要がある。,   


Posted by ブランドコピー販売 at 23:59Comments(0)

2010年05月25日

ブランドコピー:プランが固まり次第

ブランドコピー:プランが固まり次第
最近ネット上でいろいろな事を書かれています。『入金後連絡なし』『粗悪品を送り付ける』などです。当店はそういう行為を一切行っていませんので、ご安心くださいと私自身で言っても、信ぴょう性がないですね。疑いを持っているおられる方には『お試し商品』を設けようと思っています。一度試して頂ければ、信用して頂けると思います。プランが固まり次第、掲載致しますので、期待してください。
スーパーコピー
スーパーコピー専門店
ブランドスーパーコピー 
スーパーコピーブランド通販 
スーパーコピー財布
コピーブランド
ブランドコピー品
ブランドコピー販売
ブランド財布コピー販売
ブランドコピー製造
ブランドコピー偽ブランド販売  


Posted by ブランドコピー販売 at 23:57Comments(0)