2010年05月31日

ブランドコピー:日本靴連盟

ブランドコピー:日本靴連盟

勝三は、佐倉藩(千葉県佐倉)の名門に生まれ、若くして商工業の道へ進み、時の兵部大輔・大村益次郎の勧めと、藩主・堀田正倫友人の渋沢栄一らの支援をえて、生産靴業を始め、経営の困難を克服してこれを成功させたのです。
東京百年史によると、入船町周辺は武家地であったので、南八丁堀とか鉄砲州などと呼ばれていました。
これが明治維新後になると、武家地を取り払って新市街地を造成し、文明開化を象徴する街づくりをしたので、このあたりは靴、皮革のほか電信電報など”はじめて物語”に出てくるような新しい事業が幾つも起こりました。
「築地入船町3丁目2番」は、その後、調査、区画整理や地番変更によって、現在の中央区入船町1丁目3番となっており、築地電報電話局のビルが建っているところです。古い文献や古地図から、判明しました。日本靴連盟では、その”ゆかりの地”に「靴業発祥の地」と
いう記念の石碑を建て、新しい史蹟が誕生しました。この歴史明治維新の後の事です  


Posted by ブランドコピー販売 at 04:58Comments(0)

2010年05月31日

ブランドコピー:携帯電話時代における腕時計の存在意味?

ブランドコピー:携帯電話時代における腕時計の存在意味?
大多数の女性側は時計を完全に装飾性の強いブランド商品と同様にアクセサリーと捉えている
エルメス、シャネルのバッグと同じです。
彼女達は時計の機械的な部分、機能性などどうでも良く、問題はその時計が一般認知ブランド(ファッション雑誌で取上げられている等)なのかそうでないのかが重要なのだそうだ。そうでないものにお金をかけるのは”お馬鹿さん”と思うらしい。
当然偽ブランド商品も選択の一つになっています。
中には正規品同様なブランドコピーもありますので、その意思をさらに強くしてります。
大多数男性は小さい頃から機械的なものや機能的なものに憧れる。筆者も例外ではない。
時計に限らず機械の事に関して話し出すと止まらない男性はとても多い.デザイン・ブランド価値・・・。
ブランドコピー こういう男性は未だに多い。稚拙な考察かもしれません。
これらの事象を悪く言うと子供っぽい、虚栄心が高いといえるだろう。
一度どれくらいの割合でビジネスマンが腕時計をさしていないのかを観察した事がある。
意外な事に、時間にシビアにならざるを得ないビジネスマンですら腕時計をはめていない人がちらほらいるのである。
彼らは携帯時代に時計があるからささないと言う。
先に述べた腕時計をしない事による快適性から見ても大いにこれらの事は納得できる。
腕時計をしないと言う感覚は、時計をアクセサリーと捕らえない男性特有の現象である。
これらの男性の存在は時計業界にとっては実に悩ましい事象だ。
機能性を求める多くの大多数男性消費者には、何らかの快適時計や、
従来上記の、携帯電話時代にもついていないような付加価値或いは携帯電話時代に出来ない機能が必要になってきている。
機能重視派の腕時計離れは確かにに加速している。残念.このような事は阻止することができません。  


Posted by ブランドコピー販売 at 04:57Comments(0)